ホーム >アーカイブ >2008年9月

2008年9月アーカイブ

第183回例会 「けらら姫と大食い象のガジャ」の感想(抜粋)

・がじゃがつよかった。
・かげを見るのがたのしかったです。
・裏は色がきれいで、しかけもみれてよかった。
・いろんながっきがすごかったです。
・楽器が不思議な音ですごいな~と思いました。
・裏から見たら、男の人が足も使ったりして、すごく働いていてびっくりした。
・人形がとても細かくてきれいだった。
・トークもおもしろく、すっかりひき込まれました。とっても楽しかったです。
・音楽と照明が幻想的でした。
・人形がみんなきれいでした。音楽もエキゾチックで、でもどこかなつかしい感じですてき。
・小さい女の子が出番をこなし可愛かった。
・大食い象がどれだけ大食いなのかと思っていたら、お姫さましか食べなかったので
 ちょっと残念でした。
・子ども以上に笑ってしまいました。またきて下さい。岩手から応援しています。
 

シノビ

     ◎ 参 加 者 大 募 集 ! ◎  →  去年は河童が出たよ! click

 日   時 : 10月19日(日) 10時集合/12時解散(予定)
           *小雨決行
 場   所 : 盛岡市内 ( 申込みし者は、指令書を待て!)
 参加資格 : 盛岡子ども劇場会員 と 会員のお友だち
 定   員 : 12名 (先着順)
 参 加 費  : 会員 200円 ・ 会員外 500円
 申込み締め切り : 9月25日(木)
 申込み・問合せ :  遠山まで
 

いものこ会

と き : 9月23日 (火・秋分の日) 10時~3時頃まで
ところ : 都南つどいの森 ( 盛岡市湯沢1-88 TEL:638-2270 )
       キャンプ場 ( 歴史民族資料館左手前、森林創作実習館の奥です。)
参加費 : 1人 500円
持ち物 : 昼食、飲み物、お椀、箸、敷物、マイ包丁(ある方)
〆 切 : 9月21日(日)
07_ou_satu01s.gif
      ◎申し込み&問い合わせは東ブロック長まで◎

               ♪ ― ♪ 今年は、やきいももあるよ! ♪ ― ♪
  

第183回例会 『けらら姫と大食い象のガジャ』 を終えて~裏話

 今回の例会 人形一座ホケキョの影絵芝居はいかがでしたか?
この作品は、いつも例会選びのアンケートで候補にあがっていて、やっと例会として取り組めた作品です。
お当番をして、搬入や片付けをお手伝いすると劇団の方の舞台とは、違う素顔が見れて2倍得をした気分になるものです。

 ホケキョさんのHPをのぞいてみると、メンバーは人形遣い晴琉屋フンさん・音曲せせら小梅さん・新メンバー アンブレラ雨枝(うき)ちゃん。
いろんな国をほっつき歩いた晴琉屋フンさんが、芸をしながら旅したらもっとおもしろそうとインドネシアの影絵を習いに出かけて7年半。そこでであったせせら小梅さんと一座を結成。自分達のスタイルを模索しながら活動中。
とありました。

 名前からして楽しそうー♪ どんな方々がくるのかしらとワクワク。
当日10時半に風のスタジオ前に車到着! まずは荷物が少ないのにびっくり。( 人形劇の方は車にぎっしり… パズルのように荷物を積んでくるのです。)
そして、車から降りてこられた フンさん・小梅さんはまじめそうな静かなご夫婦でした。
1時からの打ち合わせも注意事項を確実に淡々とこなすフンさん…
だんだんこちらもキンチョウしてきました。

 そして、本番。 さっきとは別人?!と思うような軽妙な話術、すてきな音曲に色鮮やかな影絵。さすがプロです。
いつもの例会とは違い 途中で場所移動で幕の後ろ側で観ることもできました。後ろに行って観たかった大人な方も多かったのではないでしょうか?
二作目は、お話と裏側に座っている子どもたちのキラキラした目と笑顔も一緒に観る事ができ、この子たちにいつまでもいい作品をみせてあげたいという想いも改めて感じました。

 半年前の打ち合わせでは、娘さんのアンブレラ雨枝ちゃん(3歳)の託児を頼まれたのですが、なんと当日はお囃子としてしっかりお仕事していましたね。
そして、後ろの子どもたちの中から聞こえた 「おもしろいね~」 「すごいね~」 の声は雨枝ちゃんでした。一番のファンかも。

 片付けは、「子ども劇場のお母さんたちはとても親切で何か手伝おうと見守ってくれますが、かえって焦るのでお手伝いはいいです」 と丁重に断られ、お当番は楽をさせてもらいました。帰りは、「ミーハーですが …」 と森九とぴょんぴょん舎の場所を聞いていかれました。

 とてもほんわかしたとてもすてきな劇団(ご家族)でした。やっぱりお当番はお得です。
これからもたくさんの劇団の方との出会いがありますように。

フォーレスト 長野

 

カメ蔵日記

 誕生から2週間余り。食欲も旺盛で元気に育っています。23cm×16cmの密閉容器に住んでいます。
起きているときには隠れ家に入っていることが多いのですが、眠るときには体を斜めにして石と容器の間に入り込んでいます。一人で、淋しいのでしょうか。     by nap

DSC00486.JPGDSC00488(1).JPG

9・10月の予定

 9月18日(木) 合同定例集会
             10:00~ 北松園児童センター
    20日(土) 岩手県連絡会
    23日(火・祝) 東ブロック企画 「いものこ会」
    25日(木) 運営委員会⑦
    26日(金) 第2回シノビ実行員会
            10:00~ 事務所
10月 2日(木) 運営委員会⑧
    19日(日) シノビ 
bd_momiji34.gif

9月の定例集会

9月の定例集会は合同で下記の日程で開催いたします。

  合同定例集会  9月18日(木)  北松園児童センター   10:00~

      【9月の定例集会の内容】garden-d14-01.gif             
        1.例会の感想
        2.次年度作品について
        3.シノビの参加者・実行委員の募集
        4.芋の子会
        5.その他
 

誕生!

  13年前に我が家に仲間入りした カメ太とカメ吉。
 仲良し兄弟 … だと思っていたら、カメ太が たまごを産みました。
 女の子だったのです! ビックリ!
  そして先日、たまごから 子亀誕生!
 またも 性別不明のまま カメ蔵と命名されました。
  鶴は千年。亀は万年。
 なんだか おめでたいので、ご報告まで。          by nap

DSC00455(1).JPG

たからもの

DSC00364.JPG

 盛岡子ども劇場には、『たからもの』という記念誌があります。30周年を記念して、30周年記念誌実行委員会によって作られました。創立から31年度までの盛岡子ども劇場の歴史が丁寧にまとめられています。会員の中に創立当時を知っている人がほとんどいなくなってしまった現在、本当に貴重な『たからもの』です。
 盛岡子ども劇場は、1970年の設立の呼びかけに応えて、1971年3月6日の総会で、全国で19番目、東北で最初の劇場として発足しました。タクシーの初乗りが130円だった頃です。
 そして、それ以来今日までの長い間、生の舞台のワクワクドキドキや楽しい行事のワクワクドキドキを、みんなで楽しんできました。小さい子どもの時代はあっという間に過ぎてしまいますが、ワクワクドキドキの思い出は心の中に『たからもの』としてしっかり残ります。

     第183回例会 「けらら姫と大食い象のガジャ」
                   〈人形一座 ホケキョ 影絵芝居〉
       日時 : 9月13日(土) : 14:00~
       場所 : 風のスタジオ (盛岡市肴町4-20 永卯ビル3階)


 盛岡子ども劇場 183回目の生の舞台のワクワクドキドキを、みなさんもご一緒に楽しみませんか。
 ( 例会当日、会場で入会できます。)
 

このアーカイブについて

このページには、2008年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年8月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ページの先頭に戻る